小樽協会病院 臨床研修プログラム|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

基本情報|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

プログラムの特徴

【研修の目標】

医師として必要な、知識・技能・態度・判断力などの基本的臨床能力を修得します。

【研修ローテーションの原則】

関連病院・施設と連携して1年間ないし2年間の研修の場を提供します。.

 <臨床研修担当科>
内科系 : 消化器内科・循環器内科・呼吸器内科
外科系 : 外科・救急(麻酔科)
産婦人科(研修協力病院)・小児科・精神科(研修協力病院)・地域医療(東小樽病院).

 <研修医1年次>
必修科目:内科・救急
選択必修:外科・小児科・産婦人科.

 <研修医2年次>
必修科目:地域医療
選択必修:精神科
自由選択


【研修ローテーション】

最低限必要な期間は各研修担当科ごと1ヶ月以上で、希望に応じ組み合わせ可能です。
研修協力施設での研修となる精神科及び地域医療は1ヶ月とします。
さらに、2年次研修では10ヶ月の自由選択期間をもうけています。
(この時に選択必修で不足と思われる診療科も選択可能です).

<1年次 必修科目及び選択必修科目(地域医療を除く)>
必修科目:内科系6ヶ月(消化器内科2ヶ月・循環器内科2ヶ月・呼吸器内科2ヶ月)
救急2ヶ月 ※不足分1ヶ月は年36回の日当直で補います。
※救急は状況に応じ小樽市立病院(協力病院)でも行います
選択必修:外科2ヶ月・小児科1ヶ月・産婦人科1ヶ月).

<2年次 必修科目>
必修科目:地域医療1ヶ月(東小樽病院)
選択必修:精神科1ヶ月(小樽市立病院)
自由選択.

上記ローテーションは1例です。
研修時期については臨床研修医と相談の上、時期の変更は可能です。
基本的には到達目標もありますので各診療科を最低1ヶ月行っていただきます。
精神科・地域医療に関しては他施設で行いますので時期の変更はできません。
研修到達目標は2年間とします。

スケジュール例
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 循環器科 循環器科 循環器科 循環器科 呼吸器内科 呼吸器内科 呼吸器内科 呼吸器内科 消化器内科 消化器内科 消化器内科 消化器内科 外科 外科 外科 外科 救急(麻酔科) 救急(麻酔科) 救急(麻酔科) 救急(麻酔科) 小児科 小児科 産婦人科 産婦人科
2年次 地域医療 精神科 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択 自由選択

研修環境>|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

採用選考
試験日程 随時
応募資格・応募書類 【必要書類】
履歴書・卒業(見込)証明書・臨床研修申込書(当院様式 ※当院ホームページよりダウンロードしてください)
選考方法 病院長および研修管理委員会委員による面接
応募締切 随時
採用人数 3名
処遇

【常勤・非常勤別】
常勤扱い

【手当】
基本給:1年目:550,000円 2年目:600,000円

【勤務時間】
8時30分~16時50分

【有給休暇】
1年次:16日間 2年次:20日間

【休暇】
隔週2日制、夏季休暇、年末年始休暇、7月15日、8月15日

【当直】
約3回/月 (1回 10,000円)

【研修医の宿舎】
病院で賃貸マンションを用意
賃貸マンションを借り上げするため現物支給するが一部本人負担あり(20,000円-30,000円)

【病院内個室】
研修医室

【社会保険】
労働保険
政府管掌健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険法の適用あり、雇用保険あり、医師賠償

【健康管理】
健康診断:年1回 個人線量:毎月測定

【外部の研修活動】
学会・研修会などへの参加可能(参加費用支給あり)

  • 昨年実績
    2名
  • お問い合わせ先
    担当者名:総務課 野中智也 電話番号:0134-23-6234 メールアドレス:info@otarukyokai.or.jp