東名厚木病院初期臨床プログラムVer.5|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

基本情報|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

プログラムの特徴

救急医療と保健予防活動・プライマリーケアの総合的臨床能力を有する医師の育成を目的としている。プログラムは救急医療(1次と2次)とプライマリーケアを基盤とした総合診療方式(スーパーローテート方式)により主要な各科をローテートするとともに、全人的医療活動のできる医師の育成を目指している。内科系外科系を問わず、一般的疾患の診断治療が安全、且つ効率的に行えることを目指している。

①プログラム
このプログラムは、急性期医療と保健予防活動・プライマリーケアを基本とし、総合的臨床能力を有する医師の育成を目的とする、2年間の初期臨床研修プログラムは総合診療方式(スーパーローテイト方式)により内科・外科・救急(麻酔)科・小児科・産婦人科・精神科及び地域保健医療の各科ローテーションを必須とし、かつ救急部も平行し、救急医療からプライマリーケアを主とした研修をベースに問診・初期診断・初期治療の実際から適切な判断能力を身につけられるようにする。具体的には初期臨床研修到達目標(厚生労働省)を目的としている。

②オリエンテーション
研修開始にあたり、研修上の注意点などについて、オリエンテーションを行う。また、各施設・各部門の案内や、オーダリングシステムの指導を行う。(期間は8日間)・・・一般3日、特別5日(薬剤科、栄養科、放射線科、検査科、リハビリテーション科、ME科、Ope室、ICU)

③研修期間割
内科(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器)(8ケ月)・救急(2ケ月),麻酔科は週1回を1年間継続して施行、外科(2ケ月)産婦人科、小児科、精神科、地域医療(1ケ月)を必修とする。産婦人科・小児科については、協力病院である海老名総合病院の協力にて施行され、精神科については協力病院である愛光病院にて行われる。

2年次には地域医療を沖縄県にある南城つはこクリニック、または、とうめい厚木クリニックで外来及び往診を1ケ月研修して、残りの期間を自由選択とする

④救急研修
救急研修は1年次から2年次終了の2年間を通じて救急部にも所属し、ローテート科と重複して行うものとする。当プログラムにおいて基礎となる救急研修は1、2次救急医療とプライマリーケアの修得の場であり、初期診断からその適切なコンサルテーションまでの一連の基本的診療技術を研修する。

⑤外来研修
指導医の下で、各科における外来研修を行う。

⑥副当直
1年次から6日に1回の程度で、副当直として、正当直と共に救急患者の診療に当たることで、1、2次ときに3次にわたる救急医療を体験し、救急時の初期対応ができるようにする。また、副当直を行う上での注意などにつき、各科部長・医長によるクルズスが行われる。

⑦保健予防活動
人間ドックの見学そして年に数回の予防接種や住民検診活動を行う。

⑧.診療所
(家庭医・かかりつけ医)及び介護老人保健施設施設にての短期研修。

⑨臨床研修病院群研修管理委員会
月1回委員会を開催し、研修上の問題点について話し合い、より良い研修を行うことを目指している。研修医の代表も参加する。

⑩その他
院内では、様々な勉強会や抄読会が行われている。都合のつく範囲で積極的に参加することが望ましい。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行 麻酔科研修は週1回1年間施行
2年次 地域医療 地域医療 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行 救急当直を月2~3回施行
2年次 地域医療 地域医療 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能) 自由選択科目(1年次同様週1回麻酔科研修継続可能)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 内科研修(循環器、腎・代謝、消化器、呼吸器) 救急(2) 救急(2) 救急(2) 救急(2) 外科(2) 外科(2) 外科(2) 外科(2)
2年次 地域医療 地域医療 産婦人科 産婦人科 小児科 小児科 精神科 精神科 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等) 必修科以外の選択も可能(脳神経外科・外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・内科・麻酔科・放射線科等)

※ 産婦人科・小児科は海老名総合病院で研修を行う
※ 精神科は愛光病院にて研修を行う
※ 泌尿器科は当院または北里大学で研修を行う
※ 地域医療は沖縄県にある南城つはこクリニックまたは当院に隣接するとうめい厚木クリニックにて研修を行う

研修医の主な出身大学

【卒後1年次の初期研修医数】
6名 (男性 6名:女性 0名)
出身大学 杏林大学, 東海大学,愛媛大学,宮崎大学,富山大学


【卒後2年次の初期研修医数】
5名 (男性 4名:女性 1名)
出身大学 聖マリアンナ医科大学, 富山大学, 香川大学,センメルヴェイス大学


【在籍後期研修医】 (2016年度時点)
合計 7名 (男性 4名:女性 3名)
主な出身大学 愛媛大学, 浜松医科大学, 徳島大学, 宮崎大学, 東海大学, 近畿大学

研修環境>|文化放送レジデントレビュー 医学生・研修医のための臨床研修レビューサイト|初期臨床研修から後期臨床研修まで検索できる!

カンファレンス

症例検討会(月1回)、カンファレンス(週1回)

協力型施設

とうめい厚木クリニック、介護老人保健施設さつきの里あつぎ、人工透析センター、総合健診センター

プログラム終了後の進路

■後期研修プログラムあり■
研修修了後の進路:東名厚木病院、東京女子医科大学病院、横浜市立みなと赤十字病院、順天堂大学医学部附属病院、慶應義塾大学病院、東海大学医学部付属病院、長崎大学病院、北里大学病院、帝京大学病院

関連大学医局

富山大学第2外科・脳神経外科、東京女子医科大学整形外科、東京大学形成外科、北里大学泌尿器科、東海大学腎代謝内科

採用選考
試験日程 7月下旬~9月中旬 (予定) 詳細は病院ホームページにてご確認ください
応募資格・応募書類 【応募資格】
医師国家試験合格者 (見込み)

【応募方法】
履歴書 (写真貼付),成績証明書,卒業見込み証明書または医師免許証
選考方法 面接・筆記
応募締切 随時
採用人数 6名
処遇

【給与】
卒後1年次(月収/年収)
月収 400,000円/年収 4,800,000円

卒後2年次(月収/年収)
月収 450,000円/年収 5,400,000円

<賞与>
なし

【医師賠償責任保険】
個人、法人

【宿舎・住宅】
あり
2DK(家賃8割補助)

【社会保険】
社会保険、厚生年金保険、労災保険あり

【当直回数】
1年次:2~3回/月  2年次:3回/月

【当直料】
1年次 12,000円/回
2年次 30,000円/回

【休日・有給】
有給 1年次:10日  2年次:11日

  • 昨年実績
    6名
  • お問い合わせ先
    担当者名:総務課 深谷 電話番号:046-229-1771 メールアドレス:fukaya@tomei.or.jp